歯科で白い歯作り

歯科で白く美しい歯を

トップ

審美系歯科治療の情報

歯科での着色除去の種類

歯の着色原因には、着色しやすい飲食物や喫煙による「外因性」のものと、歯の神経除去や加齢や薬の影響による「内因性」のものがあります。歯科で着色除去を行う方法には、「クリーニング」「ホワイトニング」があります。クリーニングには、水とパウダーをウォータースプレーで吹き付けて汚れを取り除く「エアフロー」、超音波スケーラーという振動で汚れを落とす「歯石とり」、歯の表面洗浄とフッ素入りの研磨ジェルを使った「PMTC」があり、外因性の着色に効果があります。ホワイトニングは、過酸化水素を使って歯に染み込んだ有機性着色成分を分解・漂白するため、内因性の着色にも効果があります。歯の着色が気になる方は、歯科で着色除去を受けてみてはいかがでしょうか。

歯の着色除去をおこなうには

近年では美容特集などの影響で歯科で歯を綺麗にする方が急増しています。特に女性の方は美容に人一倍気を使われているので見逃せない悩みです。その一つとして歯の着色除去などがあります。一般的にはホワイトニングという言葉で広まっていますが、歯の着色除去をおこなうには歯科へ受診する必要があります。歯垢の除去から虫歯や歯周病のチェックなどもおこなってくれます。また歯医者さんだけではなく、日々のケアとしてホワイトニングの歯磨き粉を使うのも大事です。特に研磨剤を使用している歯磨き粉は歯を白くする作用がありますので大変興味深いです。